「なりすまし詐欺」白河の80代女性210万円被害

 

 19日午前、白河市の80代女性から「詐欺被害に遭った」と白河署に相談があった。女性の口座から210万円が引き出されており、同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、17日、白河市職員や金融機関の職員を名乗る男から「還付金がある。キャッシュカードを交換しに行く」などと電話があった。話を信じた女性は、自宅を訪れた男にキャッシュカード2枚を渡したという。口座がある金融機関が19日、現金引き出しについて女性に確認し、被害が判明した。