福島、いわき、郡山でクラスター発生 児童施設や医療機関ほか

 

 福島、いわき、郡山の各市は23日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。

 福島市では3件発生。市立学校で男女の児童4人と50代の女性教職員の計5人、児童施設で10歳未満の女児3人と30代と50代の女性職員各1人の計5人、事業所で20~30代の男女の従業員7人が感染した。

 いわき市の高齢者施設では30代の職員2人と70~90歳以上の利用者3人の男女計5人が感染。市立小学校では、同じクラスの10歳未満の男女9人の感染が判明した。

 郡山市の医療機関では同じ病棟の入院患者10人と職員4人の計14人が感染。この病棟への新規患者の受け入れを中止する。