介護サービス費8万円を誤支給 北塩原村、村民は返還意思

 

 北塩原村は25日、介護保険サービスの利用で支払った自己負担額が一定の基準を超えた場合に超過分を払い戻しする「高額介護サービス費」で、同姓同名の別人の口座に誤って8万1117円を振り込んでいたと発表した。村は誤支給した村民に事情を説明し、村民は返還する意思を示している。

 村によると、このほかシステムの操作ミスにより、延べ23人に計33万8439円の未支給があった。今年3月に職員が手続きをしていた際、誤支給が発覚し、調査したところ、未支給も判明したという。未支給と誤支給があった期間は、2020年12月~今年1月。システムに記入すべき日付が間違っていたことなどが原因とみられる。

 村は25日までに、未支給分の現金を対象者の口座に支給した。

 このうち2人は支給前に亡くなっており、村は遺産相続者と連絡を取り、計3万903円を支給する方針。村は「大変申し訳ない。再発防止を徹底していく」としている。