本県復興の現状理解 4県知事ら、双葉の伝承館や第1原発視察

 
伝承館で被災した消防車両などを見る知事ら

 知事有志でつくる日本創生のための将来世代応援知事同盟は25日、東日本大震災・原子力災害伝承館(双葉町)と東京電力第1原発を視察し、本県復興の現状に理解を深めた。

 三日月大造滋賀県知事と湯崎英彦広島県知事、河野俊嗣宮崎県知事、大石賢吾長崎県知事、鈴木正晃副知事が参加し、伝承館では被災した消防車両などを見た。

 視察後、鈴木副知事は報道陣の取材に「福島の現状を詳しく知ってもらうことができた。復興に向けた今後の支援や取り組みにつながっていく機会になった」と述べた。