第1原発1号機の土台、耐震評価見直し 損傷確認受け

 

 東京電力は26日、福島第1原発1号機の原子炉格納容器内部調査で原子炉圧力容器下部にあるドーナツ状の土台に損傷が確認されたことを受け、土台の耐震評価を見直す方針を示した。

 内部調査では、土台の一部で壁のコンクリートがなくなり、鉄筋がむき出しになっているのが確認され、東電は今後の廃炉作業への影響が懸念されるとして評価をし直す。今後の内部調査で土台の損傷具合を詳しく調べた上で、評価の手法を検討する方針。

 ただ、原子炉内で大規模な損傷が起きたとしても、現状では内部に入れないため、具体的な対策を講じることは難しいとみられる。東電は「大きな損傷があった場合でも、建屋外に放射性物質が漏れ出すようなことはないと考えている」としている。

 土台を巡っては、原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員長が「改めて大きな地震に襲われた時に、東電の評価通りに(土台が)持ってくれるのか」とし、耐震性に懸念を示していた。国際廃炉研究開発機構(IRID)の原発事故を踏まえた耐震評価によると、溶融核燃料(デブリ)の影響を受け土台の4分の1が欠損するなどの最悪の想定でも、耐震性は確保できるとされている。