覚醒剤使用疑い再逮捕 郡山発砲事件、銃刀法違反容疑の54歳男

 

 郡山市で17日深夜発生した発砲事件で、郡山署は29日午前9時45分ごろ、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで本籍西郷村、住所不定、無職の男(54)を再逮捕した。男は発砲現場でナイフ2本を所持していたとして銃刀法違反の疑いで同署に現行犯逮捕されていた。

 再逮捕容疑は、今月中旬ごろ、県内などで覚醒剤を使用した疑い。

 捜査関係者によると、発砲事件について男は「自分が撃った」と供述しており、同署は引き続き、本物の拳銃かどうかなどを調べている。