交通整理中、重機にはねられ64歳男性死亡 白河の市道

 

 30日午前9時20分ごろ、白河市古高山の市道で、田村市船引町大倉字曲山の警備員の男性(64)が郡山市小原田の会社員の男性(53)の重機「ロードローラー」にはねられた。警備員の男性は全身を強く打ち、死亡した。

 白河署によると、会社員の男性のロードローラーが工事現場に向かって市道を後退していたところ、交通整理中の警備員の男性をはねたという。同署が詳しい原因を調べている。