若松のワクチン集団接種で使用済み誤注射

 

 会津若松市は30日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種で、接種医が使用済みの注射器を別の人に使う誤注射があったと発表した。同日現在、健康被害は確認されていないとしている。

 市によると、29日に鶴ケ城体育館で行った集団接種で発生した。使用済み注射器は廃棄ボックスに捨てることになっているが、接種前の注射器を置くトレイに使用済みを置いたこと、接種時に薬剤が入っていることを確認しなかったことが原因という。

 市は誤注射された人へ謝罪した上で、血液検査を実施し、経過観察を行っている。市は本人の希望により、誤注射された人の性別や年齢を明らかにしていない。