融資金1億円詐取疑い、経営者ら3人逮捕 若松署、粉飾決算か

 

 粉飾した決算報告書を金融機関に提出するなどして融資金1億円をだまし取ったとして、会津若松署は31日午前、詐欺の疑いで郡山市大槻町字上西田の会社役員の男(61)ら3人を逮捕した。

 ほかに逮捕されたのは、仙台市の無職の男(48)と宮城県利府町の自営業の男(50)の両容疑者。逮捕容疑は、コピー機器などの販売やリースを行うシャープドキュメント21ヨシダ(仙台市)の代表を務めていた会社役員の男は両容疑者と共謀し、昨年2月中旬ごろ、同社が債務超過の状態だったことを隠し、粉飾した決算報告書などを会津若松市の金融機関に提出するなどして、同3月下旬ごろに融資金1億円をだまし取った疑い。

 同署によると、無職の男は同社の元従業員で会計経理を担当しており、自営業の男は同社の税務申告を請け負う会社に勤めていた。同署は金融機関からの告訴を受け捜査していた。3人の認否は明らかにしていない。

 同社から事業譲渡を受けたスターティアリード(東京都)の親会社であるスターティアホールディングス(同)によると、シャープドキュメント21ヨシダは昨年7月に民事再生法の適用を申請し、同11月にスターティアリードに事業譲渡した。同署は郡山署と県警捜査2課と合同で捜査した。