「入り口」はオンライン...最終は対面で 就活、採用面接が解禁

 
企業から来春の新規高卒者向けの求人票を受け付ける職員(奥)=福島市・ハローワーク福島

 2023年に卒業予定の大学生らへの面接による採用選考が1日解禁され、就職活動が本格化した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて広がったオンライン面接が県内でも当たり前になり、就活生も企業の採用担当者も上手に活用して就活、採用活動を進めている。一方でオンラインのみの選考に対する懸念も双方にあり、「入り口はオンライン、最終選考は対面」というハイブリッド型の形式による選考が目立っている。

 「大学の授業でもオンラインを活用してきたので特に困ることはない。むしろ、移動の時間や費用を抑えられるので助かる」。会津大大学院修士2年の日高理人(まさと)さん(24)は、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」などを使ったオンラインの選考が主流となっている就職活動についてそう語った。

 システム開発を請け負うシステムインテグレーターのほか通信やメーカーなどの業界を志望し、1月から就職活動に本腰を入れてきた。オンラインの就活は、首都圏の企業にわざわざ出向く必要がないという利点があると考えている。同時にオンラインのみの選考のデメリットも口にする。「会社の雰囲気を実際に肌で感じることはできないのは不安だ」

 一方の企業側。住宅リフォームなどを手がけ、就活生に人気の企業として知られるオノヤ(須賀川市)の採用担当者は「就活生が地域を問わず会社に興味を持ってくれるようになった」と影響を語る。

 オンラインの説明会やインターンシップを開くようになってから、コロナ禍以前は少なかった西日本の志望者が増え始め、実際に内定に結び付いた例もあるという。

 ただ、最終的には対面による選考を重視している。「就活生の人間性や意欲など、実際に会わないと分からない部分も多い。入り口はオンラインでも、最後はじかに接することでミスマッチも少なくなる」と担当者は話す。

 会社説明会や1次面接にオンラインを取り入れたヨークベニマル(郡山市)も、最終選考は対面形式で実施することにしている。オンラインの導入により関東圏の応募者が増えるなどのメリットがあったが、担当者は「オンラインでは学生の本音や考え方が見えない部分があるため、対面での最終選考を続けている」と理由を語る。

 高卒求人受け付け開始 ハローワーク

 来春の新規高卒者を対象とした求人の受け付けも1日、全国のハローワークで始まり、福島市のハローワーク福島でも初日から求人を申し込む採用担当者の姿が見られた。

 県北地方を中心にスーパーなどを展開するいちい(福島市)は一番乗りで求人票を提出。担当者は「しっかりあいさつができて、元気で明るい素直な人を採用したい」と語った。

 福島労働局によると、県内では初日の午後3時時点で企業から244件(前年同期比13件増)の提出があり求人数は647人(同66人増)だった。労働局は、新型コロナウイルスの影響を受けている宿泊・サービス業などで今後の客足回復を見据えた求人の動きが出始めたとみており、担当者は「初日だけでは判断できないが、明るい兆しがある」と話した。