マイナンバーカード...郵便局で証明書発行・更新、南相馬市が委託

 
郵便局でマイナンバーカードの問い合わせをする利用者(右)

 南相馬市は1日、マイナンバーカードの電子証明書発行や更新手続きなどが同市鹿島区の上真野郵便局で受けられるサービスを始めた。日本郵便東北支社に業務委託した。宮崎県都城市に続いて全国で2例目、東北では初。住民の利便性向上やマイナンバーカードの普及を図る狙いがある。

 電子証明書発行などの手続きは自治体の窓口で行う必要があったが、昨年の法改正で郵便局でもできるようになった。市によると、上真野地区は交通の便が悪く、鹿島区役所から離れていることなどから、上真野郵便局を選んだ。

 郵便局では、カードの電子証明書の発行、更新のほか、入力を間違うとロックされる暗証番号の再設定などができる。職員が窓口で市に照会して手続きする。

 開始式が現地で行われ、常木孝浩副市長や日本郵便東北支社の金隆幸経営管理本部長らがテープカットした。上真野郵便局の伏見陽敬局長は「免許を返納し、市役所に足を運ぶのが難しい高齢者も多い。郵便局を活用してもらい、利便性向上につなげたい」と述べた。