「全日本級別サーフィン選手権」7月14日開幕 南相馬・北泉海岸

 

 サーフィンの全国大会「第39回全日本級別サーフィン選手権大会」は7月14~17日、南相馬市の北泉海岸で開かれる。市が2日、発表した。

 大会は日本サーフィン連盟の主催で、昨年はいわき市の四倉海岸で開催された。ショート、ロング、ボディーボード全17クラスに約580人の選手が出場する。

 また市は同日、同市原町区の北泉海水浴場を7月18日に海開きすると正式に発表した。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で海開きを中止したため、開設は2年ぶり。期間は8月21日までを予定している。