清流が生む辛みと香り 福島で沢ワサビ収穫

 
緑鮮やかな葉が茂るワサビ田で本格化している沢ワサビの収穫作業=福島市佐原

 福島市佐原の吾妻山の麓にあるワサビ田で、夏の需要期に向けた沢ワサビの収穫が本格化している。地元の佐原わさび生産組合のメンバーが鮮やかな緑の葉を茂らせた沢ワサビを一つ一つ丁寧に収穫している。

 原発事故の影響で生産は一時途絶えたが、地元有志が2014年に組合を発足させ、休耕で荒れたワサビ田に砕石を入れ直すなどして栽培を再開させた。

 ワサビ田は標高約550メートルにあり広さは約20アール。年間を通じて水温が11~13度に保たれる湧き水で育てた沢ワサビは辛みと香りの高さが特長だ。県内の飲食店や直売所などに出荷される。