緑の新幹線「復活」 東北・上越開業40周年記念、一日数本運行

 
東北新幹線開業40周年記念で「200系」の色合いが再現された新幹線=9日午後、福島市

 JR東日本は9日、鉄道150周年と東北、上越両新幹線の開業40周年を記念し、開業当時の「200系」の緑色カラーリングを再現した車両の運行を始めた。当面の間、東京―仙台間と東京―新潟間を1日数本走る予定だ。

 200系は1982(昭和57)~2013年に運行。今回は白地のE2系1編成(10両)に緑色のラインを施し、当時の懐かしい色合いを再現した。9日は停車駅や線路が見渡せる場所で車両を撮影する鉄道ファンらの姿が見られた。

 車内では、停車駅ごとにご当地の民謡などが流れる「ふるさとチャイム」も復活した。運転時間は前日までにJR東のホームページで確認することができる。