偽時計34億円販売か...3263点所持疑いで男女3人逮捕 郡山北署

 
押収された偽の腕時計など=県警提供

 高級時計ロレックスの偽物などを販売目的で所持したとして、郡山北署は13日、商標法違反の疑いで二本松市金色の無職の男(54)ら男女3人を逮捕した。同署によると、グループはこれまでに約28万個を販売し、計約34億円相当を売り上げたとみて調べている。

 ほかに逮捕されたのは静岡県熱海市の会社役員の男(68)、東京都の会社役員の女(66)の両容疑者。逮捕容疑は、2021年11月17日ごろ、郡山市にある会社役員の男らが経営する会社の倉庫などで、ロレックスなどの偽物3263点を販売目的で所持した疑い。

 同署によると、会社役員の男と女の両容疑者は運輸会社(郡山市)を運営し、無職の男は元従業員。中国から商品を輸入し、販売していたとみられる。ロレックスのほか、ウブロやバレンシアガ、ルイ・ヴィトンなどの偽物約2万点も押収した。

 昨年6月、東京税関から通報があり、県警生活環境課と捜査していた。同署は3人以外にも関与した人物がいるとみて調べている。