二階氏、東日大の名誉教授に 称号授与、林元経産相は客員教授

 
二階氏(右)と林氏

 いわき市の東日本国際大は13日、元自民党幹事長の二階俊博衆院議員(83)に名誉教授、元経済産業相の林幹雄衆院議員(75)に客員教授の称号をそれぞれ授与した。名誉教授、客員教授の就任は同日付。

 同大によると、建学の精神や人間力の育成に取り組む教育方針と、両氏の人間関係を重んじる政治信条に通じる点があるとして、両氏と親交がある同大の森田実名誉教授の推薦を受けて決定した。

 この日、いわき市の同大で称号授与式が行われ、同大を運営する学校法人昌平黌の緑川浩司理事長が、両氏に称号を授与した。続いて両氏らによる「いま、世界と日本の未来を考える」をテーマにした就任記念講演会が開かれた。二階氏は東日本大震災から11年を迎えた被災地について「震災の教訓を後世に残さなければならない」と話した。林氏は学生に向け「出会いの縁や信頼と友情を大切にすばらしい人間関係を育んでほしい」と呼びかけた。