松川浦海底に車両、身元不明遺体発見 事件事故の両面で捜査

 

 14日午前10時20分ごろ、相馬市尾浜字棚脇の松川浦新漁港で、港内の海底に沈んでいた乗用車を引き揚げたところ、車内から一部白骨化した遺体が見つかった。遺体は身元、性別不明で、相馬署は身元や死因の特定を急ぐとともに、事件と事故の両面で調べている。

 同署によると、港内を調査した県相馬港湾建設事務所から「車のようなものが沈んでいる」と5月下旬に連絡があり、引き揚げの準備を進めていた。車は宮城ナンバーで、車体には貝などが付着しており、海に転落してからしばらく経過しているとみられる。