アイガモ、田んぼの苗間スイスイ 農薬や化学肥料使わない農法

 
水田を元気に泳ぎ回るアイガモのひな=福島市佐原

 福島市佐原の田んぼで、アイガモのひなが青々とした稲の苗の間を元気に泳ぎ回っている。

 尾形喜義さん(68)方では、農薬や化学肥料を使わないアイガモ農法に取り組んでいて、5月末に苗を植えた45アールの田んぼにひな約130羽を放した。

 ひなたちは日中、苗の間を群れで泳いで害虫や雑草を食べている。また泥水をかき回すことで、苗に酸素を供給したり、雑草を抑制したりして苗の生育を手助けしている。尾形さんは「ひなは大事な仕事仲間です」と笑顔でひなたちを見守っている。