原発施設の劣化懸念 規制委が視察「水素爆発ない建屋も」

 
意見交換で「がれきの安定的な保管方法を考える必要がある」と指摘する山中委員

 原子力規制委員会は16、17の両日、東京電力福島第1原発を視察し、1号機タービン建屋屋上からの外観や4号機の圧力抑制室の劣化状況を見た。山中伸介委員は視察後の取材に「水素爆発をしていない建屋内も劣化が進んでいる。作業員の安全確保のため、建屋の保全も必要だ」と話した。

 山中氏によると、4号機の原子炉建屋にある設備で表面の塗装が取れたり、さびた部分が確認できたりしたという。

 東電との意見交換も行われ、山中委員は建屋外のがれきや廃棄物の保管状況について「意図しない放射性物質の漏れを防ぐため、計画的、安定的な保管方法を考える必要がある。がれきを焼却して量を減らすなどの対策も必要だ」と指摘した。小野明東電福島第1廃炉推進カンパニー最高責任者は「廃炉を着実に進めるため、保管の進め方など戦略を立てながら進めていきたい」と話した。意見交換は冒頭のみ報道陣に公開された。