福島県、新型コロナ86人感染確認 内堀知事「下げ止まっている」

 

 県は20日、県内で新たに86人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。19日に判明した。1日の感染確認は4日連続で前週の同じ曜日を上回った。県内の感染確認は延べ6万5791人。

 内堀雅雄知事は20日の定例記者会見で県内の感染状況について「ある程度落ちついているものの、下げ止まっている」と説明。経済、社会活動の活発化に伴う人流増により感染者が増加する可能性があるとし、基本的対策の徹底を呼びかけた。

 19日現在の入院者は66人で、病床使用率は8.9%。105人が宿泊療養中で、841人が自宅療養している。療養先調整中の11人を合わせた療養者は計1023人。同日までに83人の療養を解除した。

 保健所の医師の判断で感染とみなす「みなし陽性」の患者は1人で、計2262人となった。

 86人の市町村別内訳は、いわき市25人、郡山市17人、会津若松市8人など。このうち43人の感染経路が分かっていない。

 ■福島県内の新型コロナウイルス発生状況