夏の味覚・ジュンサイ、小舟浮かべ新芽を収穫 北塩原で本格化

 
本格化しているジュンサイの収穫作業=北塩原村

 夏の味覚ジュンサイの収穫作業が北塩原村桧原で本格化している。栽培農家の佐藤豊治さん(82)方では、妻礼子さん(80)らが田んぼの跡地に水を引いた沼に平底の小舟を浮かべ、新芽を摘み取っている。

 ジュンサイは、粘液に包まれた新芽が食用として人気で、裏磐梯産はぬめりが多く高級品とされる。ことしは春先の冷え込みが続いた影響で3センチほどと小ぶりだが、豊治さんは「口当たりとのど越しのいい大きさ」と話している。