浜の駅松川浦に全建賞 全日本建設技術協会、復旧・復興事業枠

 
全建賞を受賞した浜の駅松川浦

 相馬市の相馬復興市民市場(浜の駅松川浦)の整備事業が、優れた公共事業をたたえる全日本建設技術協会の2021年度「全建賞」に選ばれた。東日本大震災からの復旧・復興事業枠で受賞した。推薦した県建設技術協会が22日、発表した。

 浜の駅松川浦は20年10月、相馬市尾浜地区にオープンした。官民合同による運営をはじめ、愛称の公募や東京電力福島第1原発事故による風評払拭に向けたイベントの開催を通じて地域の活性化に貢献していることが認められた。

 城下町風の風情を感じる外観と、市場感を演出した内観も評価された。

 全建賞には全国から278事業の応募があり、89事業が受賞した。