福島県、新たに新型コロナ113人感染 いわき22人、若松20人

 

 県は23日、県内で新たに113人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。22日に判明した。

 感染が確認されたのは、いわき市22人、会津若松市20人、郡山市19人、喜多方市8人、相馬市7人、白河、玉川の両市村5人、福島、須賀川の両市4人、鏡石、三春の両町3人、二本松、本宮、国見、西会津、棚倉の各市町2人、南相馬、矢吹、矢祭の各市町1人。

 22日現在、50人が入院しており、100人が宿泊療養所、903人が自宅で療養している。療養先調整中は33人。22日までに113人の療養を解除した。

 ■福島県内の新型コロナウイルス発生状況