福島県教委、調査組織設置へ 高3死亡、遺族が第三者委要望

 

 高校に通っていた3年生の生徒が今春自殺したとして、遺族は5日、県教委に原因を調査する第三者委員会の設置を要望した。県教委は要望を受け、生徒の死亡について調査する組織を設置することを決めた。また、生徒が死亡した後の同校の対応について「教職員を対象とする調査は実施していたが、全教職員を対象に聞き取りを行っていないなど不十分な点があった」とした。

 県教委は国が定めた指針に基づき、同校に全教職員を対象とした調査を行うよう指示する。学校と県教委が連携して基本調査を進める。基本調査が完了した後、今後設置する組織の下で詳細な調査が行われる見込み。組織の構成メンバーなどは県教委が今後検討する。

 遺族は同日、県教委に要望書を提出した。代理人によると、遺族は生徒の死亡した理由を明らかにしてほしいとの思いから要望に至ったという。