郡山70代女性、なりすまし450万円被害 自宅訪れた男に現金渡す

 

 4日午後、郡山市の70代女性の息子から「母親が詐欺被害に遭ったようだ」と110番通報があった。女性は自宅を訪れた男に計450万円を渡しており、郡山北署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、4日午後2時30分ごろ、女性方に息子を名乗る男から「喉ががんで手術をしないといけない。病院で検査をしていたらかばんを盗まれた。お金がなくなったので準備してほしい。会社の人が取りに行く」などと電話があった。話を信じた女性は同3時ごろ、自宅を訪れた会社の同僚を名乗る男に現金400万円を手渡した。

 その後、再び女性方に息子を名乗る男から「もっとお金がかかるから、用意してほしい」と電話があった。女性はATMで現金を引き出し、自宅を訪れた男にさらに現金50万円を手渡したという。

 女性は帰宅した息子に相談し、詐欺の被害に遭ったことに気付いたという。