公正選挙しっかり監視 初の高校生投票立会人、桑折町選管が選任

 
投票立会人を務める石田さん(右)と渡辺さん

 桑折町選管は、選挙の投票立会人に初めて高校生を選任した。立会人を務めているのは福島東高3年の石田聖奈さん(18)と福島工高3年の渡辺優雅さん(18)。2人は参院選の期日前投票所が設置されている町役場で、公正で確実な選挙が行われているかどうかを監視している。

 2人は町選管から届いた「18歳を迎えた新有権者の皆さんへ」と書かれた立会人公募のはがきを見て、自ら応募した。

 石田さんは「初めて選挙権を得たので、投票するだけでなく、立ち会いもしてみたいと考えた」と応募理由を話した。

 町選管は高校生らに立会人を務めてもらうことで、若い世代に政治や選挙に興味を持ってもらい、気軽に投票所に向かえる雰囲気づくりなどを期待している。

 渡辺さんは「(立ち会いをしてみて)若い世代の投票が少ない印象を受ける。生活に関わる選挙だと意識してもらえたらと思う」と話した。