福島県、新型コロナ336人感染確認 1カ月半ぶり300人超える

 

 県は12日、県内で新たに336人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。11日に判明。5月24日以来48日ぶりに感染者が300人を超え、前週の同じ曜日に確認された感染者数(178人)の約1.9倍に上った。

 県は、感染が広がりやすいとされるオミクロン株の派生型「BA・5」への置き換わりが県内でも進みつつあるとみている。

 県内の感染確認は延べ6万8955人となった。11日現在の入院者は重症1人を含む193人。6月14日以来約1カ月ぶりに重症者が確認された。病床使用率は26.0%。230人が宿泊療養、1424人が自宅療養している。療養先調整中の202人を合わせた療養者は計2049人。11日までに93人の療養を解除した。336人の市町村別内訳は、福島市91人、郡山市43人、南相馬市40人、いわき市38人、相馬市37人、二本松市11人、棚倉町9人、会津若松市8人、喜多方、新地の両市町が7人など。

 ■福島県内の新型コロナウイルス発生状況