電子食事券、13日正午から最後の追加販売 8月末まで利用可能

 

 県は13日正午から、「ふくしま感染防止対策認定店」で使える電子食事券の最後の追加販売を始める。6月同様、約1億円分を追加する。売り切れ次第、販売終了する。電子食事券は8月末まで使える。

 電子食事券は、購入額に30%が上乗せされる仕組み。無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使って購入・決済する。6月の追加販売では、約2時間30分で予定数量に到達し、販売が打ち切られた。購入サイトへのアクセスが集中し、購入画面に移動できない事態も発生したため、県は委託企業に対策を講じるよう求めていた。

 県によると、今回も6月同様にアクセスの集中が見込まれている。県は購入画面につながらない場合、そのまま待機するか、改めてアクセスするよう呼びかけている。