福島県、児童施設でクラスター 新型コロナ、二本松と相馬ほか

 

 県は12日、二本松市と相馬市、相双保健所管内の三つの児童施設でクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。二本松市では14人(児童12人、職員2人)、相馬市では11人(児童3人、職員8人)、相双では7人(児童6人、職員1人)の感染が分かった。

 7月に入り県内で発生したクラスターは32件で、6月の月間件数(38件)に迫る勢いで増えている。

 福島のスポ少団員も

 福島市は12日、市内のスポーツ少年団に所属している10代や10歳未満の団員7人が新型コロナウイルスに感染するクラスターが発生したと発表した。