旧経営陣4人に13兆円支払い命令 東電株主代表訴訟で東京地裁

 

 東京電力福島第1原発事故による巨額損失は東電の歴代旧経営陣が津波対策を怠ったためとして、同社株主が旧経営陣5人に総額約22兆円の損害賠償を東電に支払うよう求めた株主代表訴訟で東京地裁(朝倉佳秀裁判長)は13日、勝俣恒久元会長や清水正孝元社長ら旧経営陣4人に13兆円余りの支払いを命じた。