福島県、新型コロナ507人感染確認 56日ぶり500人超える

 

 福島県は13日、県内で新たに507人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。5月17日以来、56日ぶりに500人を超えた。県内ではオミクロン株の派生型「BA・5」への置き換わりが進んでおり、県は体調不良時の登校・出勤を控えるなど基本対策の徹底を求めている。

 感染確認は延べ6万9462人。入院者数は重症1人を含む204人。病床使用率は27.5%で、5月23日以来50日ぶりに200人を上回った。243人が宿泊療養、1833人が自宅療養しており、183人の療養先を調整している。

 市町村別内訳は福島市116人、郡山市105人、いわき市55人、南相馬市34人、会津若松市29人、相馬市25人、二本松市22人、須賀川市19人、白河市14人など。314人の感染経路が分かっていない。

 保健所の医師の判断で感染者とみなす「みなし陽性」は5人で、計2283人となった。県は93人の療養を解除した。

 ■福島県内の新型コロナウイルス発生状況