青紫色の恵み収穫 棚倉でブルーベリーの収穫最盛期

 
早朝からブルーベリーの収穫作業に当たる関係者=14日、棚倉町岡田

 棚倉町岡田で特産のブルーベリーの収穫作業が最盛期を迎えている。早朝の涼しい時間帯に「棚倉町ブルーベリー愛クラブ」会長の蛭田良昇さん(73)と会員4人が休耕田を活用した畑で収穫作業に当たっている。

 熟し具合を確かめながら大粒の実を一粒ずつ丁寧に摘み取っており、蛭田さんは「今年は雨が少なく小粒だが、糖度が高く味も濃い」と話している。

 栽培する品種は15種類に上り、時期を変えて収穫するため9月中旬まで作業は続く。ジャムや果汁飲料に加工して主に同町のJA東西しらかわの直売所などで販売する。

 問い合わせは愛あい館(電話0247・33・1252)へ。