地上への旅立ち...ニイニイゼミ羽化本格化 福島・小鳥の森

 
本格化しているニイニイゼミの羽化=福島市小鳥の森

 福島市小鳥の森では、ニイニイゼミの羽化が本格化している。平野部では真っ先に鳴き出すセミで、「ニィー、ニィー」と雑木林に夏本番の到来を告げている。

 ニイニイゼミは体長20~26ミリと小型のセミ。灰褐色のまだら模様で、木に止まっていると見事な保護色になる。幼虫は体中に泥を付けているのが特徴で、ほかのセミの幼虫と容易に区別することができる。

 暗くなり始めると同時に地中からはい出した幼虫は、樹木の根元から少し登った所で羽化する。午後9時ごろにはすっかり羽を伸ばす。