県民割、8月末宿泊分まで延長 福島県

 

 県は14日、県内の宿泊施設を利用する際に宿泊費の一部を補助する県民割事業を、8月末宿泊分まで延長すると発表した。今月14日午後3時以降の予約分が対象。宿泊額が1万円以上の場合、5000円が割り引かれ、5000円以上1万円未満の場合の割引額は2500円となる。土産店などで使える2000円分のクーポン券も配布する。

 県民のほか、北海道・東北、北関東3県、新潟県の住民も割引の対象となる。

 県民がこれら10道県の宿泊施設に宿泊する場合も、各道県の割引が適用される。

 県民割事業を巡っては昨年10月1日に予約が始まり、同4日宿泊分から適用されている。県によると、今月7日現在、約80万人が利用しているという。

 問い合わせはサポートセンター(電話0570・000・337、午前9時半~午後5時半)へ。