男性講師セクハラ停職処分 福島県教委、生徒に性的な話や動作

 

 県教委は15日、生徒らにセクハラ行為をしたとして県北地区の県立高校の20代の男性講師を停職77日(3カ月相当)の懲戒処分にしたと発表した。

 県教委によると、男性講師は今年4~5月、担当するクラスの授業中に繰り返し、わいせつ行為を連想させる動作を行ったり、授業に関係のない性的な話を一部生徒に話しかけたりするなどして強い不快感を与えるとともに、一緒にクラスを担当していた同僚の女性教員に精神的苦痛を与えた。クラスの女子生徒が女性教員に相談して発覚。男性講師は県教委に対し「生徒の興味を引こうとした」などと話しているという。男性講師の任期は9月30日までのため、処分は任期末までとした。

 また県教委は15日、いわき地区の県立高校の男性職員(29)を同日付で戒告の懲戒処分にしたとも発表した。男性職員は昨年9月~今年3月、男子生徒2人の肩や脇腹をたたいたり、背中をつねったりした。