処理水「政府挙げ安全確保」 松野官房長官が福島第1原発視察

 

 松野博一官房長官は16日、本県の復興状況を視察するため東京電力福島第1原発や南相馬市などを視察した。視察後、報道陣の取材に応じ、来春に迫った処理水の海洋放出方針について「新たな風評を生じさせないよう政府を挙げて安全性の確保と徹底した風評対策に取り組み、できるだけ多くの方にご理解をいただけるよう努力を重ねる」と述べ、反対の姿勢を示している漁業者などを念頭に理解醸成を進める考えを強調した。

 松野氏の本県視察は就任後初めて。第1原発では小早川智明社長らと意見交換した。溶融核燃料(デブリ)の取り出しや処理水の放出に向けた準備工程に言及し、「ささいなミスも許されない。緊張感を持って取り組んでほしい」と語った。

 富岡町では、双葉地方に帰還した人や移住者、地域コミュニティーの再生に取り組む人と懇談した。富岡中央医院院長の井坂晶さん、なみえ創成小教諭の佐藤信一さん、双葉だるま市の運営に携わっている中谷祥久さん、大熊町職員の泉田夏海さん、南相馬市にあるまちづくり会社職員の後藤彩さんが取り組みについてそれぞれ語った。

 松野氏は南相馬市の福島ロボットテストフィールドも訪問。南相馬ロボット産業協議会のロボット「MISORA(ミソラ)」のデモンストレーションなどを見学した。