福島東稜高・一条さん米ダンスV「夢一つ叶った」 ソロシニア部門

 
優勝し、トロフィーを掲げる一条さん

 福島東稜高3年の一条未悠(みゆ)さん(18)が、米ロサンゼルスで開かれたダンス大会「Showstopper FINAL(ショーストッパー・ファイナル)」のソロシニア部門(15~19歳以下)で初優勝した。

 一条さんは「震えるほどうれしい気持ちと安心と感謝でいっぱいです。自分の夢が一つ叶(かな)いました。ここからがまた新たなスタートなので頑張りたいです」とコメントを寄せた。

 同大会は全米で最も歴史があり、世界的な人気歌手ビヨンセやセレーナ・ゴメスらを輩出している。米国の選手を中心に予選を勝ち抜いた約2000人がソロやデュエットなどの部門に出場し、一条さんは日本時間15日に出場した。

 一条さんが部長を務めるダンス部顧問の吉田直美教諭は「彼女の夢は世界で活躍するダンサーで、目標に一歩近づけたと思う。これからも高みを目指して頑張ってほしい」、小原敏校長は「1位になると信じていた。新型コロナウイルス禍により、制限された環境の中で成し遂げた快挙は、多くの人に元気を与えてくれる」と活躍をたたえた。一条さんは20日に帰国する予定。