福島の強盗「知らない男だった」...被害の女性、面識なしか

 

 福島市清水町のアパート一室に18日未明、男1人が押し入り、住人の20代女性から現金4万円を奪った強盗事件で、女性が「知らない男だった」と話していることが19日、捜査関係者への取材で分かった。福島署は周辺の防犯カメラの解析や聞き込みなどを行い、逃げた男の行方を追っている。

 捜査関係者によると、現場周辺は住宅街で事件前、付近から不審者情報などは寄せられていないという。

 同署は、男があらかじめ女性の生活パターンなどを把握した上で、女性の部屋を狙って押し入った可能性もあるとみて調べている。