統合3県立高の新制服決定 伊達、白河実、会津農林

 
(写真上から)伊達高、白河実高、会津農林高の新制服

 県教委は19日、県立高校改革の一環で統合され、2023年度に開校する5校のうち、保原と梁川が統合する伊達(伊達市)、白河実と塙工が統合する白河実(白河市)、耶麻農と会津農林が統合する会津農林(会津坂下町)の制服を発表した。いずれも女子用スラックスを導入し、家庭で洗濯できる素材を使用している。

 組み合わせ多彩 伊達高

 伊達は男女ともブレザーで、伊達市の市章に使用しているブルーとイエローを取り入れた。ネクタイとリボン、ニットはそれぞれ2色準備し、男子は8パターン、女子は16パターンの制服の組み合わせが可能。女子のスカートには、県内初となるサイドプリーツのデザインを採用した。

 明るい灰色基調 白河実高

 白河実は、男女ともにブレザーでライトグレーを基調とした落ち着いたデザインに仕上げた。男女共通のネクタイには白河市の花「ウメ」と塙町の花「ダリア」をイメージしたピンク色を取り入れた。胸元には「Shirakawa Jitsugyo」の刺しゅうを施した。

 スーツスタイル 会津農林高

 会津農林は、男女ともにスーツスタイルで、ネクタイやリボンは2種類用意。会津農林の制服と耶麻農の制服の色を合わせた「ブルーグレー」を採用し、2校の統合をイメージした。スカート丈が最大4センチ、スラックス丈が最大8センチ伸びるなど、制服のサイズを変更できるつくりとなっている。