新選組展が開幕 若松・県立博物館、土方歳三の愛刀など史料展示

 
新選組の実像に迫る数多くの史料に見入る来場者=23日、会津若松市・県立博物館

 幕末の動乱を生きた新選組の実像に迫る「新選組展2022―史料から辿(たど)る足跡」は23日、福島県会津若松市の県立博物館で開幕した。県内外から多くのファンが訪れ、新選組にまつわる史料に興味深く見入っている。

 県内初公開となる土方歳三の愛刀「和泉守兼定」(土方歳三資料館蔵)など数々の史料を展示。従来の新選組のイメージを覆すきっかけとなった近藤勇の書簡なども注目されている。

 会期は9月19日(9月19日を除く月曜日休館)まで。観覧時間は午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)。観覧料は一般・大学生が1300円、高校生800円、中学生以下無料。県立博物館、福島民友新聞社、福島中央テレビで作る実行委と読売新聞社の主催。