融資名目詐欺185万円被害 郡山の男性、口座に計5回振り込み

 

 23日午前、郡山市の50代の会社役員男性から「融資を受けようとしたところ約185万円をだまし取られた」と郡山北署に届け出があった。同署は詐欺事件とみて調べている。

 同署によると、6月24日ごろ、男性の会社に「中小企業様向け特例融資」というファクスが届いた。男性は融資を受けるために電話やファクスで相手とやりとりをした際、相手から「融資には手数料が必要」などと言われ、今月4、5の両日、指定された口座に計5回振り込みをした。相手と連絡が取れなくなったことなどから、被害に気付いたという。