裃姿の男衆、厳かに練り歩く 南会津で3年ぶり「七行器行列」

 
地域住民に見守られながら、行器を持った裃姿の男衆たちが練り歩いた七行器行列=23日午前、南会津町田島

 南会津町の国指定重要無形民俗文化財「会津田島祇園祭」は23日、同町田島地域の大通りで3年ぶりとなる「七行器(ななほかい)行列」が繰り広げられた。裃(かみしも)姿の男衆が地域住民に見守られながら町中を厳かに行進した。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮小し、メイン行事の祭りを彩る花嫁行列の参加は見送った。行列は、行器と呼ばれる器に入れたお神酒や赤飯、サバなどのお供え物を神前に献上する神事。祭りを仕切る御党屋組(上町上側)党本の細井信浩さん(50)宅を午前8時ごろに出発し、田出宇賀、熊野両神社までの約1キロを練り歩いた。

 両神社で神事が行われ、参列した御党屋組をはじめとする祭り関係者が、新型コロナの早期収束と地域の安寧を願った。