福島県、新型コロナ1070人感染確認 郡山219人、福島203人

 

 県は24日、県内で1070人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。内訳は郡山市219人、福島市203人、いわき市197人、須賀川市91人、会津若松市54人、白河市38人、南相馬市29人、田村市26人、二本松市、伊達市が各24人、喜多方市18人、本宮市14人、相馬市12人、西郷村11人、石川町10人、棚倉町9人、矢吹町8人、鏡石町、中島村が各7人、桑折町、大玉村、三春町が各5人、川俣町、天栄村、会津美里町、玉川村、古殿町が各4人、猪苗代町、小野町、広野町が各3人、西会津町、塙町、平田村、浅川町、新地町が各2人、国見町、下郷町、檜枝岐村、只見町、南会津町、磐梯町、会津坂下町、泉崎村、矢祭町、鮫川村、大熊町が各1人。県外は4人だった。433人の療養を解除した。感染確認は23日。

 ■福島県内の新型コロナウイルス発生状況