JR東日本、地方35路線66区間で赤字 福島県内は4路線9区間

 

 JR東日本は28日、利用者が少ない地方路線の収支を初めて公表した。対象は2019年度の1キロ当たりの1日平均乗客数が2000人未満の35路線66区間で、収入から費用を差し引いた収支は全て赤字だった。66区間の赤字額の合計は19年度で約693億円だった。JR北海道やJR西日本なども地方路線の区間別収支を公表している。路線の維持を求める自治体は多く、存廃を巡る議論は難航が予想される。

 本県関係で対象となったのは水郡線、只見線、磐越西線、磐越東線の4路線9区間。

 赤字額が最も大きかったのは、2019年度が水郡線磐城塙―安積永盛間の10億400万円、20年度が磐越西線野沢―津川間の10億4000万円。収入が最も少なかったのは、19年度が水郡線常陸大子―磐城塙間の1000万円、20年度が磐越西線野沢―津川間の500万円だった。

 今回の公表では、11年の新潟・福島豪雨の影響で代行バスが運行する会津川口―只見間は対象外となった。

220729news2-1.gif