福島県内新型コロナ1828人

 

 県は6日、県内で新たに1828人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日の感染確認としては過去3番目に多く、前の週の同じ曜日を5日連続で上回った。県は基本的な感染対策の再点検や子どもと高齢者を感染から守るための対策の徹底を呼びかけている。

 入院者は重症3人を含む349人で、病床使用率は46.6%。357人が宿泊療養している。自宅療養(1万5991人)と、全療養者(1万6697人)はいずれも過去最多の水準となっている。

 県内での感染確認は延べ9万7574人。1828人の市町村別内訳は、いわき市423人、郡山市325人、福島市304人、会津若松市89人、須賀川市72人、白河市65人、二本松市59人、伊達市53人など。保健所の医師の判断で感染とみなす「みなし陽性」は5人だった。

 県は1078人の療養を解除した。

■福島県内の新型コロナウイルス発生状況