1200万円入り金庫盗まれる 郡山の事務所兼住宅、被害相次ぐ

 

 福島県郡山市の断熱工事会社の事務所兼住宅で6月、現金約1200万円が入った金庫1個が盗まれていたことが19日、同社への取材で分かった。同事務所では今月にもブランドのバッグなどが盗まれる被害があり、郡山北署は窃盗事件として調べている。

 同社の男性社長(68)によると、6月19日朝にクローゼット内の金庫がなくなっていることに気付き、同署に被害届を提出した。ほかに被害は確認されず、部屋が物色された様子もなかったという。

 今月5日朝にはブランドのバッグがなくなっていて、施錠した窓が何らかの方法で開けられていた。6月の被害後に室内などに設置した防犯カメラには、複数人が部屋を物色した後、バッグなどを持ち去る様子が写っていたという。

 男性は「7月には釣ってきた魚が盗まれた。立て続けの被害で精神的にもきつい。早く犯人が捕まってほしい」と話した。

 同署は防犯カメラを解析するなどして捜査を進めている。