木の下敷き、男性死亡 平田の山林で伐採作業中

 

 21日午後4時5分ごろ、福島県平田村永田字切田の山林で「男性が木の下敷きになっている」と近くで作業をしていた人が119番通報した。木の伐採をしていたいわき市三和町下市萱字遅川、自営業の男性(74)が木の下敷きになっており、病院に搬送されたが、胸を強く打って死亡した。

 石川署によると、男性は午後2時ごろ、木の下敷きになったとみられる。同署は、労災事故とみて原因を調べている。