金属製さい銭箱壊される 須賀川・十念寺、5年前も被害

 
こじ開けようとした痕跡が見つかった須賀川市の十念寺のさい銭箱

 須賀川市の十念寺で、金属製のさい銭箱が何者かに壊されていたことが23日、同寺への取材で分かった。同寺によると、さい銭箱のさい銭取り出し口をこじ開けようとした痕跡が見つかった。さい銭が盗まれた形跡はなかったという。

 同寺の斧法晋(ほうしん)住職(39)によると、19日午前に斧住職が境内を清掃していた際に、さい銭箱が壊されていたことに気付いた。約5年前にも同様の被害があったという。同寺は、さい銭に被害がなかったことなどから被害届は提出しない方針。斧住職は「人の思いが込められたさい銭を取ろうとするのは良くない。二度としてほしくない」と話した。