いわき市、25日から接種開始見通し オミクロン対応新ワクチン

 

 いわき市は31日、新型コロナウイルスのオミクロン株に対応した新しいワクチンが近く承認される見込みとなったことから、対応ワクチンの接種を9月25日から開始する見通しを示した。

 市によると、厚生労働省から今月中旬にも対応ワクチンが承認される見通しが示されており、22日までに一定数のワクチンが届くと想定して示した。供給されるワクチンの数量に応じて、実施医療機関や予約枠を決める。承認や供給が遅れた場合は日程を調整する。