10月から「オンライン音楽祭」 箭内夢菜さん、参加高校生と交流

 
吹奏楽部や合唱部の生徒らと交流する箭内さん(中央)=1日、須賀川市・清陵情報高

 県内6高校の音楽活動を10月から配信する「高校生オンライン音楽祭~音楽のチカラ、夢を奏でよう~」のナビゲーターを務める俳優の箭内夢菜さん(郡山市出身)は1日、清陵情報高をサプライズで訪れ、音楽祭に参加する吹奏楽部と合唱部の生徒と交流した。

 音楽祭は10~12月にインターネットの特設サイトで行われ、事前収録された6校の演奏動画を順次公開する。同校は24日に須賀川市で開かれる定期演奏会で収録を行う予定で、箭内さんは本番を前に練習を重ねる両部の様子を見学した。

 箭内さんはふくしまFMアナウンサーの矢野真未さんと一緒に、合唱部の佐藤優翔さん(2年)と吹奏楽部の増子瑠莉さん(3年)に部活動の雰囲気や将来の目標などをインタビューした。

 その後、吹奏楽部の「アニメ・メドレー久石譲作品集」と合唱部の校歌に聞き入った。箭内さんは「みんなが一つ一つの音を大切に演奏していて感動した」と話した。合唱を披露した佐藤さんは「箭内さんの前で歌うのは緊張した。音楽祭では、音が合わさったときのハーモニーを多くの人に聴いてほしい」と話した。

 音楽祭はJA共済連県本部の主催、福島民友新聞社、ふくしまFMの共催、県高校文化連盟などの後援。昨年に続き2回目で、コロナ禍で活動を制限されている高校の音楽部を応援しようと企画した。

 特設サイト(https://fomfes.jp/)で演奏動画のほか、箭内さんの訪問の様子や各校代表者らが意気込みを語った座談会の動画などを公開する。

 参加校次の通り。清陵情報、相馬総合、郡山商、いわき湯本、会津学鳳、福島